さっそくですが、
初めての家族キャンプ、
いろんな不安があるかと思いますが。


はい。たくさんあります!

前回のお二人の対談を読んで、
「なるほど」って思うところは
たくさんあったのですが、
いざ、自分が行くとなったときに
細かいところで疑問や不安が
出てきました。


自分目線大事よね。


今回行くのが8月のお盆前ですが、
まず気になったのが
キャンプ場の気温でしょうか。

DSC09616_mm


それによって
子供の荷物の準備も
ありますもんね。


そうですね。
山の中は寒いイメージは
あるんですけど、
どれだけ寒いのか。。

DSC_1692_mm


標高にもよるけど、
山の中は8月でも
夜になるとちょっと冷えるよね。

山や川へいく時は
スウェットパーカーと
ウィンドブレーカーがあると安心です。

パジャマも長袖・長ズボンを
持って行っています。


夜は冷えるんですね。

となると、なおさら、
お昼は暑くて汗をかく分
お風呂はやっぱり気になるところ。。


子供の着替えは
少し多めに持ってきた方がよいかも。

脱いだ服はその場で洗って
干しておく人たちも多いけどね。


干して乾いちゃうんですね。

DSC09700_mm


夏なんかはすぐに乾くよ。

あと、マメ知識なんだけど、
予約のとれないキャンプ場の場合、
現地に到着して場所を探す際に
服が干してあるかをチェックすることで
そこのテントは撤収するかどうかも
わかったりもするんだよね。


へ~。


温泉に行くのも
楽しみのひとつかもしれないけど
お風呂に入りに行く時間もないくらい、
子供たちは自然の中で
時間を忘れて夢中になって遊ぶのよね。


気が付いたら
お昼、焚火の準備、夕飯の支度、、。
お昼寝もあるし、
イベントだけでもけっこう予定
ぎっしりですよね。


そう。

あと、お酒を飲んでしまって
動けなくなるケースも多い。。(笑

DSC_1683_mm


なるほどです。(笑

子供たちは無邪気に遊ぶし、
大人も心地よくお酒を飲んだりするとなると
日よけ対策って必要だと思うのですが。


そうね。
タープは大切!


タープ。

ka-52214_aLOGOS(ロゴス) ストライプ Qセットタープ 270>>


そう。

キャンプというと、
森や林をイメージする人も
多いと思うけれど、
場所によっては、まったく
日陰にならない場所もあるんです。

DSC09554_mm

ふもとっぱらキャンプ場は
ほとんど日陰なしでしたもんね。


そうだったね。

テントの中だと熱がこもるから
通気性のあるタープ。
絶対ほしいギアです。


たしかに、デイキャンプからはじめるにしても、
身軽に近場でバーベキューをするにも
タープは外せないアイテムですね。


なるほど~。
タープ大事なんですね。

、、となるとですね、、

今回、初めて家族キャンプに
参加させてもらうにあたって、
どこまでを最初から
自分たちで用意するべきなのか。

レンタルできるものなのか。

初めてのキャンプにどのように
臨むのがよいのか。

それが一番の不安です。


本当にそうだよね。
私も同じ不安を抱えてました。

キャンプ場によっては、
一式レンタルできるところもあるから
最初から何もかもそろえる
必要はないと思っています。


こどもと暮らしとしては
スタンダードセットを
用意していますよね。


そうなんです。
こちらがこどくらがオススメする
家族キャンプスタートセットです。

・テント(タープ付)
・グランドシート
・テントマット
・テーブル
・チェア
・寝袋

他には、クーラーバッグとか
ランタンとかもあると
ご飯や夜の時間も楽しめます。

こどもと暮らしが選ぶ「はじめての家族キャンプ」アイテムはこちら>>


テントとタープが一体型なのは
テントを選ぶ際のポイントだと思います。


そうだね。

私が愛用しているのが
LOGOSのドーム型2ルームテント。
タープいらずの優れものです。

ka-52426_aLOGOS(ロゴス) ドーム型2ルームテント neos PANELドゥーブル XL>>


パネルルーフが
タープになるんですよね。

DSC09434_mm


タープを買わなくても
済むんですね!


そう。

あと、家族が使うテントとして
「2ルーム」はとっても魅力的です。


2ルーム?


「寝室」と「リビング」の
2ルームになってるんです。

DSC09435_mm

さらに、さっきも話した
前面のパネルルーフをタープとして使えば、
タープも加えた3つのスペースを
このテント1台で作れるから、
すごく優れものなんです。


リビングは何に使うんですか?


レジャーシートを敷いて、
食材や荷物を置いたり、
小さなテーブルを置いて
子供たちの遊びスペースとしても使ってます。

テーブルや椅子を置いて
食卓にする人もいますね。


ステキですね!
リビングのあるテント!


このテント一台あれば、
家族キャンプは快適に過ごせます!


たしかに。

このLOGOSのテントはちょっと、
ビギナーにとっては大きすぎるかな、
と迷っていたのですが、
タープやリビング込みと考えると
アリな気がしてきました。


おっ!(笑


でも、やっぱり大きいから
テントを自分たちで建てられるかは
心配です。


私も最初はそう思ってたけど、
組立は一度やってしまえば
そんなに難しいことはないよ。

こういうときは
パパが頼りになるよね。

子供たちも手伝ってくれたり。(笑

DSC09408_mm

DSC09431_mm

2ルームと言っても
折りたためばコンパクトになるので
収納も持ち運びも、他のテントと比べて
そこまで負担にならないし。


LOGOSの同じシリーズで
少しコンパクトになった
3万円台のテントも取扱を始めたので、
そちらもおススメです。

ka-03623_aLOGOS(ロゴス) 2ルームテント neos リビングプラス・PLR XL>>

家族キャンプには
申し分ない機能ですから。


いいですね!
それくらいの価格帯なら
はじめやすいと思います。

テントのお手入れとかって
どうするんですか?


撥水性と防水性があるテントなので、
ほとんどお手入れいらずです。

テントを解体して袋にしまったら、
次に使うまでそのまんま。

DSC09420_mm


そうなんですね!


お手入れについては、
テントのグレードによって違うので、
そういうポイントは、
ママ目線として大切よね~。


そうなんです。
そういうところ気になります!

でも、今説明いただいたので、
随分とイメージがわいてきました。


よかった!

ひとまず、今回のキャンプは
テントなどは会社で用意しますので、
勉強のつもりで来てください。


ありがとうございます!
センパイ!


今度のキャンプが楽しみだね!

(続きます)

前回の対談はこちら>>

続・ママが憧れる家族キャンプのかたち