旦那さんとは
好みは合っていました?


育った環境が全然違うので、
性格や考え方などは対照的なんですが、
インテリアの趣味はわりと合う方なので
助かりました。
ここがあまりにずれてたら
結婚できないかも。。(笑

DSC_7382


すごいですね。。(笑
さすがインテリアショップの店長です。。(笑

僕なんかは家具にあまりこだわりがなかったので、
ママの感覚をただただ受け入れるだけでした。


そのパターンは助かります!

旦那さんとは、趣味が合うか、
コダワリがなく受け入れてくれるか
のどちらかでないと
大変なことになる気がします。

基本的に家の中のことって
女性が選びたいものですもんね。


ぎくり。。(汗
やっぱり、そうなんですかね?


「こどもと暮らし」をご利用いただいている
ママさんの声を聞いていても
そういうご家庭は多そうですよね。


まあ、、
なんというか、、(汗
その、、

全国のパパさんの代表として
言わせていただきますと、、

パパの居場所も残しておいていただけると、、

DSC_7411


もちろん、もちろん。(笑

うちの場合は、
インテリアの趣味は近いながらも
最終的に選んだのは私でしたけど
喜んでもらえたんじゃないかと
勝手に思ってます。(笑

ちゃんと考えてますよ。(笑


(涙

でも、
同棲の際の「家具選び」って
けっこうポイントですよね。(笑

DSC_4825


うん、うん。


家具だけでなくて、
いろんな価値観の相違に気づき始めるのも
このころですよね。(笑


そうですね。
最初のころは、
ものすごい量のケンカをしてましたね~


「思ってたんと違う」みたいな。。


ですね。(笑

でもだんだん年月がたつにつれ、
お互いの怒りポイントなんかも肌で感じるようになり
ケンカも減ってきたと思います。


どちらかが折れなきゃ
話が進まないですからね。


そそそ。。。

私は完全に納得して、
悪いと思わないと謝れない
めんどくさいタチなんですが、
旦那は私が怒っていると、
「とりあえず謝っとこ」みたいなO型で
それがまたイラっとくるわけです。
なんで謝ってんのよ!
みたいな。(笑

DSC_7418


笑えなーい!(笑

全然ヒトゴトじゃありません。。


まあ、お互いぶつかりあって
分かり合うんですよね。
若いころは。(笑


(深くうなずく)

そんな時期を経て迎えるわけですよ。
出産をね。


あなたが産むわけじゃないでしょ。(笑

DSC_7424


僕、出産は2回立ち会ったんですけど、
あれを見るともう、ママすごいって。

自動的に頭が下がります。

DSC_7436


そうですね。
あれは人生で1番の頑張りだと思います。
うちは壮絶すぎてもう、
手術みたくなってきてたので
旦那には途中まではいてもらったんですが、
途中からはお部屋の外で待っててもらいました。

1人目のときは本当に壮絶だったな~。


全部許します。
全部お譲りさせていただきます。。

ここでついに男は気づくんです。
女性には敵わないって。。


女性はリアリティ
男性はロマン
って言うもんね。


出産をきっかけに変わりましたね。

ママへの態度。
そして、大切にするべきものが。

(続きます)

ママ店長タナカのお部屋づくり